2010年07月05日

ラリー・ウィリアムズの短期売買法―投資で生き残るための普遍の真理 (ウィザードブックシリーズ)

ラリー・ウィリアムズの短期売買法―投資で生き残るための普遍の真理 (ウィザードブックシリーズ)


内容紹介
ロビンスで1年間で1万ドルを110万ドルに増やした真理が今語られる

本書では、ラリー・ウィリアムズが実際に使用した以下の売買テクニックが詳細に解説されている。

OOPS!
GSV(Greatest Swing Value)最大変動幅
スマッシュデイ
スペシャリストのわな
TDW
TDM
インサイドデイ・アウトサイドデイのテクニック
3本足の高値/安値を使ったトレードシステム
ウィル・スプレッド
ケリーの資金管理公式
ライアン・ジョーンズの資金管理公式
ロビンスの大会で使用した黄金の資金管理公式

株やFXや先物の短期売買をするトレーダーで、ラリーウィリアムズの名前を聞いたことがない人はいないだろう。ロビンス・チャンピオンシップで1年で資金を110倍にした話はあまりも有名である。成功した多くのトレーダー達がラリーの影響を受け、ラリーの手法にヒントを得て発展させてきた。
リンダ・ブラッドフォード・ラシュキ、トム・デマーク、ジェイク・バーンスタイン、ラルフ・ビンス、ジョー・ディナポリ等、トップトレーダー達に影響を与え、また受けてきた。

ラリーの手法として、ボラティリティ・ブレイクアウトやウップス!、TDWなどはあまりにも有名だ。短期トレーダーの常識であると言ってもいいだろう。
本書の極めつけは、ロビンスの大会で実際に使用した資金管理の公式について語られているところだ。
短期売買を極めたい人は必読のアイデアが満載だ。


内容(「BOOK」データベースより)
本書は短期売買のためだけに書き下ろした会心作で、ベストセラーとなった前作“Definitive Guide to Commodity Trading”(邦訳『相場で儲ける法』日本経済新聞社刊)には記載されていない、資金を110倍に増やすために使われた様々な真実とテクニックが記載されている。


著者について
ラリー・ウィリアムズ(Larry Williams)

著名なトレーダーであり、著者であり、ニュースレターの発行人であり、ファンド・マネジャーである。先物のロビンズ・ワールドカップ・チャンピオンで、1万ドルを12カ月で110万ドルにしたウィリアムズの記録は、いまだに破られていない。NFA(全米先物協会)の理事を務め、モンタナ州から上院議員選挙に2度出馬している。また、ウィリアムズは『バロンズ』『ウォール・ストリート・ジャーナル』『フォーブス』『フォーチュン』などに寄稿している。過去20年間、ウィリアムズは最も引用され、影響力の強いアドバイザーである。邦訳著書として、『ラリー・ウィリアムズの相場で儲ける法』(日本経済新聞社)がある。


著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
ウィリアムズ,ラリー
著名なトレーダーであり、著者であり、ニュースレターの発行人であり、ファンド・マネジャーである。先物のロビンズ・ワールドカップ・チャンピオンで、1 万ドルを12カ月で110万ドルにしたウィリアムズの記録は、いまだに破られていない。NFA(全米先物協会)の理事を務め、モンタナ州から上院議員選挙に2度出馬している。また、ウィリアムズは『バロンズ』『ウォール・ストリート・ジャーナル』『フォーブス』『フォーチュン』などに寄稿している。過去 20年間、ウィリアムズは最も引用され、影響力の強いアドバイザーである

清水 昭男
1983年、南イリノイ大学コミュニケーション学部卒。トウキョウ・フォレックス(株)、タレット・アンド・トウキョウ・インターナショナルを経て、元 CBOTアジア・パシフィック代表

柳谷 雅之
1990年、電気通信大学電子情報学専攻博士課程前期卒。遺伝的アルゴリズム、光交換の研究に従事の後、1997年10月よりパンローリング株式会社にてマーケット・アナリストを務める

長尾 慎太郎
1990年、東京大学工学部原子力工学科卒。90~95年、シティバンクで、金スワップ取引、商品ファンドの組成、管理業務に従事。95年~現在、オカトーインベストメントマネジメント株式会社のトレーダーとして、先物市場で資金運用に従事、システム・トレーディングを中心とした売買を行っている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)





posted by bookmaster at 20:41 | Comment(0) | ウィザードブックシリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。