2010年07月06日

アームズ投資法 - 天才アームズの発明したノウハウ(30年ぶん)が、今、1冊の本になって日本に登場

アームズ投資法 - 天才アームズの発明したノウハウ(30年ぶん)が、今、1冊の本になって日本に登場

出版社/著者からの内容紹介
本書は『相場心理を読み解く出来高分析入門 アームズ・インデックスによる勝利の方程式』に改題し発売中です。


内容(「BOOK」データベースより)
アームズ氏が説得力あふれる言葉で語る、主要投資戦略についての考察を読み進めば、現在、最も信頼されている長期予測手法である出来高分析が、だれにでもマスターできる。この分析方法は「値動きの理解には、出来高が非常に大きな役割を果たす」というアームズ氏独自の理論に基づいたもの。出来高は市場の感情に影響されていることを教えてくれる方法である。出来高分析以外にも、「テクニカル分析とファンダメンタルズ分析」や「出来高対応チャートと『パワーボックス』の意味」、「EMVや出来高調整済み移動平均(VAMA)とその未発表情報」「市場の潮汐―VAMAとサイクルについて」「買いのメカニズム」「売りから入るトレーディング―時期と方法」「売りポジションの手仕舞い方」など、本書を読めば、トレーディングに関するさまざまな原理を理解することができるだろう。


内容(「MARC」データベースより)
投資で成功するカギとは、感情的にならずにいられる能力だ。そして、出来高がわかれば、相場がわかる-。著者の30年分のノウハウと主要投資戦略についての考察をまとめる。


著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
アームズ,Jr.,リチャード・W.
米ニューメキシコ州アルバカーキに事務所を構え、機関投資家顧問や投資アドバイス、出版のほか、投資ポートフォリオ管理も手がける。独自のテクニカル・ツールを通じた利益の増大を追及。アームズ・インデックスは、ウォール・ストリート・ジャーナル紙に毎日掲載のほか、CNBCテレビ画面で常時流されている

中原 駿
都銀ディーラー。株式・商品・為替・債券を主にテクニカル分析を実践

杉本 裕之
早大文卒。防衛庁翻訳・通訳官、横田米軍基地連絡官などを経て、商品先物情報会社、(株)ゼネックスに入社。1995年~97年、米ニューヨーク支社勤務の後、現在は本社翻訳業務に従事(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)





posted by bookmaster at 02:20 | Comment(0) | ウィザードブックシリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。