2010年07月06日

タイ株投資完全マニュアル 入門編 改訂版 (本気の海外投資シリーズ)

タイ株投資完全マニュアル 入門編 改訂版 (本気の海外投資シリーズ)

内容紹介
口座開設の話を全面改定&タイの最新情報を追加など、
タイ株投資の火付け役となった“前作”の内容を踏襲しつつリニューアル!
本書は、タイ現地で生活している著者の、現地で生活しているからこそわかる“生情報”を加えながら、
「タイ」に投資するにはどうしたらいいのかを解説した「日本初の本格的なマニュアル本」です。

■タイの魅力
いまだ発展途中にある「タイ」。この国には今後発展する要素がたくさんあります。
例えば、経済。1997年7月の「バーツ大幅下落」以降、下降線をたどってきましたが、財政政策を含む景気対策や好調な輸出産業などにより低迷を続けていた経済は回復基調に。
その後、2001年2月に発足したタクシン政権の働きもあって経済は回復。
2003 年は6.9%、2004年は6.1%と順調に成長。2005年は津波の影響を受け下がりましたが(4.5%)、2006年はまた盛り返しています (5.0%)。
そのほかにも、以下に列挙するように“国を上げていく”要素が数多く内在しています。

◎メガプロジェクト
首都圏の大規模交通システムに着工(全長291キロメートルにわたるバンコクの都市 交通システム整備に5000億バーツを投じるほか、
発電所新設などエネルギー関連に2500億バーツ、農業関連や灌漑施設に1400億バーツを充てる)
◎巨大なショッピングセンターの誕生
◎15〜40 歳の働き盛り世代が人口の中核を占めるという安定した人口ピラミッド
◎タイ民族は勤勉で適応能力が優れているとの世界的な評価
◎食料は自給自足、コメの輸出世界No.1
お金は対外加工貿易で稼いでいる(一般的に、食料や資源の自給国は、通貨も強いと言われている)
◎アジアのデトロイト(自動車生産好調)
◎イスラム圏向けの輸出が急増・イスラム企業の進出も活発化。

■タイはまだまだ割安
タイの株式市場の特長として、「PER(Price Earning Ratio=株価収益率)が他市場と比べてもまだまだ割安で、配当利回りも高く、安定した政治と経済成長により、今後大きく成長が見込める」が挙げられます。
実際、PERは香港16.90倍、東京21.34倍に対し、タイでは10.6倍とまだまだ大変割安の数値です。他アジア各国に比べて配当が高いことも特徴です。
このように、これから4〜5年程度の中長期的な運用先として魅力溢れるマーケットなのです。
海外投資のポートフォリオの中のひとつの分散先として、国の基幹産業などに投資すれば、資産運用に思わぬ弾みをつけてくれる可能性もあります。比較的安く投資できる点も魅力のひとつでしょう。
「タイ企業への投資は初めてだから、少し様子を見ながら……」というのであれば、2〜3万円程度からの投資も十分可能です。
経済発展の入り口に差しかかった国への投資ですから、資金的な敷居はまだまだ日本よりも低いといえます。

■タイへの投資手法
タイ株の個別銘柄に日本から投資する手法としては、以下に示すように
◎タイの証券会社を使い、タイ株に投資する
◎日本の証券会社を使い、タイ株に投資する
◎香港の証券会社を使い、タイ株に投資する

という3つのパターンがあります。
本書では、この3つのパターン(「タイの証券会社を使い、タイ株に投資する(ユナイテッド証券&セミ


内容(「BOOK」データベースより)
タイは熱い!タイが熱い!タイ株投資の火付け役となった「前作」をリニューアル。口座開設の話を全面改訂しただけでなく、タイの最新情報も追加紹介。


内容(「MARC」データベースより)
タイ株の個別銘柄に日本から投資する手法について、口座開設の仕方や入金・出金方法、オンライントレードのやり方など、実践に則した内容を紹介。口座開設の話を全面改訂しただけでなく、タイの最新情報も追加紹介した改訂版。


著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
阿部 俊之
現在タイ国内で働いている海外ビジネスマン。早稲田大学商学部卒業。大学では日本とタイのFTAを研究する。その後勢いよく海外で働くことを決意して来タイ。英語、タイ語、中国語を駆使しながら富裕層へ高級車を販売。その後、独立し、ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社を設立する

石田 和靖
(有)ザ・スリービー代表取締役。会計事務所に10年間勤務、主に法人税業務と財務コンサルティング業務を中心に携わる。UAE、パキスタン、ミャンマー、タイ、ベトナム、インドネシアなど中近東~東南アジアエリアの外国人経営者の法人を多く担当。その後、(有)ザ・スリービーを設立。年に十数回、香港・タイ・UAEなど各国を訪問し、香港やドバイの証券会社にも太いパイプを持つ。世界の投資情報を集約させるべく構築された、「海外分散投資に燃える同志が集まるSNS“World Investors”」を企画・デザイン(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)





posted by bookmaster at 03:11 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。