2010年07月07日

マンガ 相場の神様 本間宗久翁秘録―酒田罫線法の源流 (ウィザードコミックス)

マンガ 相場の神様 本間宗久翁秘録―酒田罫線法の源流 (ウィザードコミックス)

出版社/著者からの内容紹介
林輝太郎氏 特別寄稿! 全157章完全収録!!
相場の神様が明かす相場の奥義!
酒田 照る照る
堂島 曇る
江戸の蔵米 雨が降る

江戸時代中期、「出羽の天狗」と呼ばれた男がいた。山形の酒田からやって来て当時 の二大米相場である大阪堂島・江戸蔵前を荒らした男。彼こそが、本間宗久。上げて も下げても百戦百勝!「今日も酒田のあいつが一人勝ち、大阪も江戸も商売上がった りだ」。そんな歌にまでなった強さの秘密は、なんとテクニカル分析にあった。統計 に基づいた彼の手法は、今なお研究され、実践でも用いられている。宗久の極意『本 間宗久翁秘録』全157章に現代語訳をつけ、マンガで読み解く本書!世界で初めて ローソク足の罫線法を生み出した(と言われている)など、「相場の神様」と呼ぶにふ さわしい宗久の伝説の数々、ぜひ味わってほしい。そして、宗久の教えをあなたの投 資法に役立てていただきたい。特別寄稿は『定本 酒田罫線法』の著者、林輝太郎 氏。酒田罫線法の概要はもちろん、その手法についても実践者の立場でまとめられて いる。


内容(「BOOK」データベースより)
江戸時代中期、「出羽の天狗」と呼ばれた男がいた。山形の酒田からやって来て当時の二大米相場である大阪堂島・江戸蔵前を席巻した男。彼こそが、本間宗久。上げても下げても百戦百勝!「今日も酒田のあいつが一人勝ち、大阪も江戸も商売あがったりだ」。そんな歌にまでなった強さの秘密は、なんとチャート分析にあった。統計に基づいた彼の手法は、今なお研究され、実践でも用いられている。宗久の極意『本間宗久翁秘録』全157章に現代語訳をつけ、マンガで読み解く本書!酒田罫線法(ローソク足罫線法のひとつ)は彼の手法が源流とも言われている。まさに「相場の神様」と呼ぶにふさわしい伝説の数々、ぜひ味わってほしい。そして、宗久の教えをあなたの投資法に役立てていただきたい。特別寄稿は『定本 酒田罫線法』の著者、林輝太郎氏。酒田罫線法の概要はもちろん、その手法についても実践者の立場でまとめられている。


内容(「MARC」データベースより)
江戸中期、山形県・酒田に相場で巨万の富を築いた天才がいた。本間宗久-当時の二大米相場、大阪堂島・江戸蔵前で百戦百勝を続けた「相場の神様」である -。ローソク足の罫線を発見したとも伝えられる彼の人生をマンガで紹介。


著者について
本編●森生 文乃(もりお あやの)
3月17日生まれ。愛知県出身。武蔵野美術大学油絵学科卒。講談社『BE・LOVE』新人 賞佳作入選の後、デビュー。幼児期の無意識の叫びを描いた『月とブランコ』が話題 に。『結婚てなんなの』では主婦の鬱や家族問題を扱い、主要各紙にも取り上げられ た。最近では、『細川ガラシャ』、『小野小町』、『ウォーレン・バフェット』など 既成ジャンルにとらわれない制作を続けている.

特別寄稿●林 輝太郎(はやし てるたろう)
大正15年生まれ。陸軍士官学校第61期生。法政大学経済学部および文学部卒業。昭和 23年平和不動産株10株を92円50銭で買い、利益を上げたのが初めての相場。昭和30年 東京穀物商品取引所仲買人、隆祥産業株式会社に入社。昭和37年ヤマハ通商株式会社 設立。東京穀物商品取引所の受渡処理委員、資格審査委員および東京穀物商品取引員 協会理事、監事を歴任。昭和47年林輝太郎投資研究所を設立。著書に『定本酒田罫線 法』ほか多数。


著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
森生 文乃
3月17日生まれ。愛知県出身。武蔵野美術大学油絵学科卒。講談社『BE・LOVE』新人賞佳作入選の後、デビュー。幼児期の無意識の叫びを描いた『月とブランコ』が話題に。『結婚てなんなの』では主婦の鬱や家族問題を扱い、主要各紙にも取り上げられた(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)




関連商品を検索⇒酒田罫線法 酒田五法
posted by bookmaster at 03:19 | Comment(0) | 酒田五法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。