2010年07月07日

投資見聞録~精鋭たちの“生”の言葉を聞く~ (投資家探訪シリーズ)

投資見聞録~精鋭たちの“生”の言葉を聞く~ (投資家探訪シリーズ)

内容紹介
いつも何を考え、どういう行動をしているのか?
相場の荒波に耐えてきた5人の投資家の“告白”をまとめたインタビュー集!

“ためになるようなおもしろい話”とはどういうものか――。
この回答は人それぞれだと思いますが、“具体的な話”もその一つだと思います。
本書の特徴は、この“具体的な話”を随所にちりばめているところにあります。例えば、

・“ある場面”において“ある戦い方”を選択したのはなぜなのか
・“ある戦い方”がうまくいった理由はどこにあるのか
・“ある戦い方”が失敗した理由は何か。その失敗から何を学んだのか
・今はどうしているのか

などについての具体的な話を聞き出すことで、彼らが「いつも何を考え、何をしているのか」を探っています。そこには、飾られた抽象的な言葉はありません。あるのは“生の言葉”で語られた告白のみです。

本書タイトル“見聞録”にあるように、取材の中で「見聞したこと」をできる限り“そのまま”お伝えするために、編集は最小限にとどめました。よって、なかには投資に関係のない話も含まれておりますが、それも本書に登場している投資家の「生き様」の一つとして読んでいただければと思います。

なお、本書は投資ノウハウをまとめたものではありません。ですから、本書を読んですぐに投資が上達することはないかもしれません。しかし、少なくとも「投資の世界で活躍している精鋭たちの考え」は分かると思います。あなたの投資スタイルと照らし合わせてみることで、きっと“投資のヒント”が見つかるでしょう。

著者は川崎さちえ、インタビュアーは新田ヒカル

【本書の特徴】
◎FXやバリュー投資、システムトレード、短期投資(デイトレード)、スイングトレードなど、それぞれの分野で実績を残してきた人たちの話を紹介
◎どういうときにエントリーするのか、普段はどういうことを考えているのかといった手法や思考法を中心に、等身大の言葉で紹介
◎失敗談(どうして失敗したのか)や成功談(なぜ成功できたのか)、読者へのアドバイスなど、読者に有益となる経験談も掲載
◎今まで著書や雑誌などで詳しく語られることのなかった話までも掲載

【本書を読んでほしい人】
◎初心者トレーダー(投資家)や中級者トレーダー(投資家)
◎成績が伸び悩んでいる人
◎投資について真剣に考えたい人
◎普段は聞くことのできない精鋭たちの話を読んで、自分の投資活動の糧にしたいと思う人


内容(「BOOK」データベースより)
投資(トレード)手法や思考法を中心に、投資というテーマに関する話題を生き残ってきた5人の“生”の言葉で余すことなく綴った「見聞録」。


著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
川崎 さちえ
2004年から本格的に投資とオークションを始めて、主にその2つの分野に精通する。また、さまざまなジャンルの人に興味を持ち、取材を重ね、物書きとしても活躍。オールアバウトにてオンライントレードのガイドを務める

新田 ヒカル
投資家。ファイナンシャルプランナー。ベーシックインカム研究所代表。元NTT本社SE等に従事。東証、大証、証券会社、講演多数。日経新聞、日経ヴェリタスに掲載。日経マネー他、雑誌各誌に執筆、連載。テレビ東京系列にTV出演。「自分らしく、豊かに生きる」をテーマに、「ライフデザイン教室」、「新田塾」を主宰(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)




関連商品を検索⇒インタビュー
posted by bookmaster at 05:18 | Comment(0) | インタビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。