2010年07月14日

フィボナッチ逆張り売買法

フィボナッチ逆張り売買法 (ウィザードブックシリーズ)

内容(「BOOK」データベースより)
テクニカルパターンの分析を扱った本書には、今まであまり知られていなかったいろいろなパターンの形成を見極め、それを効果的にトレードする方法が述べられている。そうしたパターンのなかにはかなり以前から多くのトレーダーたちが利用してきたものも含まれるが、本書で焦点が当てられているのは幾何学的なパターンとフィボナッチ比率に基づいたトレード方法である。本書には株式や株価指数をはじめ、その他のFXや商品先物などいろいろな銘柄とあらゆる時間枠のチャートに形成されるパターンがふんだんに盛り込まれている。そうした幾何学的なパターンの形成プロセスとそのトレードの仕方が分かれば、パターン認識とそのトレードはぐっと身近なものになるだろう。


著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
ペサベント,ラリー
40年のキャリアを持つベテラントレーダーで、商品先物取引委員会(CFTC)、全米先物協会(NFA)、証券取引委員会(SEC)の登録会員。インディアナ州立大学で薬学士とMBA(経営学修士)の学位を取得

ジョウフラス,レスリー
1996年からトレードを始め、17年にわたる航空会社勤務を経て2000年にプロのトレーダーとなる。最初は株式と株式オプションをトレードしていたが、現在は主にミニS&P500先物や商品先物をトレードしている。その研究分野はエリオット波動、オプション戦略、モメンタムトレード、伝統的なテクニカル分析、フィボナッチ比率に基づくパターン認識など広範にわたる

長尾 慎太郎
東京大学工学部原子力工学科卒。日米の銀行、投資顧問会社、ヘッジファンドなどを経て、現在は大手運用会社勤務

関本 博英
上智大学外国語学部英語学科を卒業。時事通信社・外国経済部を経て翻訳業に入る。国際労働機関(ILO)など国連関連の翻訳をはじめ、労働、経済、証券など多分野の翻訳に従事(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)





関連商品を検索⇒フィボナッチ 逆張り
posted by bookmaster at 13:05 | Comment(0) | フィボナッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フィボナッチブレイクアウト売買法

フィボナッチブレイクアウト売買法 (ウィザードブックシリーズ)

内容紹介
フィボナッチとブレイクアウトの運命的な出合い!

黄金比率だけでもなく、ブレイクアウトだけでもない!
フィボナッチの新たな境地!
従来のフィボナッチの利用法をブレイクアウト戦略まで高めた実践的手法

株式、先物、FXなど、今日のマーケットでトレードするのは大変困難なチャレンジになっている。しかし、トレードの仕掛けから手仕舞いまでの完全なトレード計画を学べば、この分野での成功も夢ではない。

本書では、トレーダーであり著名なトレーディング講師であるロバート・マイナーが実践的なトレード計画のすべての要素を非常に分かりやすく説明している。これは、彼が20年以上をかけて開発したトレード計画で、仕掛けから手仕舞いまでを網羅している。このフィボナッチとブレイクアウト手法を融合させた「トレイリング・ワン・バー戦略」と「スイングエントリー戦略」を学べば、あらゆるマーケットのあらゆる時間枠で自信を持ってトレードするための一貫性が身につくだろう。

本書では、1高勝率のトレーディングチャンスを見つける方法、2具体的な仕掛けと損切り(仕切り)の価格、3手仕舞うまで完璧にトレードを管理する方法 ――などを学ぶための方法を伝授してくれる。ここには、2つの時間枠を使った指標とパターンと価格と時間という4つのカギとなるファクターを用いてトレーディングで利益を上げるための手法が示されている。本書で紹介するフィボナッチとブレイクアウトを融合させた戦略とテクニックを学べば、具体的なトレーディング判断を下すために必要な情報や、そのトレーディングを最初から最後まで自信をもって執行するための方法が理解できるだろう。

マイナーは本書で、完全なトレード計画が完成するまでの過程を実践的かつ丁寧に教え説いていく。トレーディングの成功に不可欠なこれらの教えを学ぶための最善の方法は、実例を見ることである。そこで彼は昔の教え子たちから集めた実際のトレード例を紹介した「実在のトレーダーによるリアルタイムのトレード」と題した章を設けている。この章では、本書で学んだ戦略が世界中のあらゆるマーケットで機能していることを知ることができるだろう。

真剣で自立を目指すトレーダーに向けて書かれた本書は、トレーダーの資金を維持し増やしていくために、マーケット動向を分析し、利益の上がるトレードのセットアップを探し、それを執行し、仕掛けから手仕舞いまでを管理するための実践的な方法を細かく明らかにしている。今日のマーケットでその努力を十二分に反映させたい人にとって、本書を読み込み、理解をすれば、それだけで十分だろう。


内容(「BOOK」データベースより)
FXや株価指数先物の売買タイミングを極める。


著者について
20年以上にわたって、金融、先物、FX、株式市場における優秀な講師としてトレード戦略を教授する一方、米大手証券会社が毎年開催しているリアルタイムのトレーディングコンテストで第1位になり、『スーパートレーダーズ・アルマナック』の年間最優秀トレーダーに選ばれたこともある。彼が発行している「ダイナミックトレーダー・デイリーストック・ETFレポート」は、「タイマーズ・ダイジェスト」が選ぶS&Pのタイミング部門で第1位になった。彼の最初の著作の『ダイナミック・トレーディング(Dynamic Trading)』は1999年の最優秀トレード本に選出された。マイナーが経営するダイナミックトレーダーズグループでは、先物やFXや株式やETFのマーケットについて書かれたダイナミックトレーダーデイリーやジャスト・イン・タイム・レポートなどを発行している。また、彼独自のモメンタムと時間と価格とパターンを使ったトレード戦略に必要な分析を迅速かつ正確に行うことができるダイナミックトレーダーというトレーディングソフトも開発した。


著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
マイナー,ロバート・C.
1986年以来、金融、先物、FX、株式など市場における優秀な講師として実践的なトレード戦略を指導

長尾 慎太郎
東京大学工学部原子力工学科卒。日米の銀行、投資顧問会社、ヘッジファンドなどを経て、現在は大手運用会社勤務

井田 京子
翻訳者(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)



関連商品を検索⇒フィボナッチ ブレイクアウト
posted by bookmaster at 13:03 | Comment(0) | フィボナッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。