2010年07月16日

ギャン 神秘のスイングトレード―摂理に基づいた短期売買のタイミング (DVD付)

ギャン 神秘のスイングトレード―摂理に基づいた短期売買のタイミング (DVD付) (ウィザードブックシリーズ128)

内容紹介

伝説の相場師による理論をマーケットの魔術師が
ルール化した珠玉の取引戦略!

著者クラウス本人による解説DVD 付き!

「何が(トレーダー)の自信を喪失させるのか?何が損失を恐れさせるのか?何が取引の執行を遅らせるのか?
それらはすべて、取引戦略がない、という事実です。
これは勝つトレーダーと負けるトレーダーを分離する基本的な特徴なのです。
自信の欠如は、検証を重ねた戦略があることによって消滅してしまうものなのです」
――ロバート・クラウス(『新マーケットの魔術師』ジャック・シュワッガー著、パンローリング刊)

不変の法則を売買システムに

W.D.ギャン――。
人は彼のことを「伝説の相場師」「謎のトレーダー」と呼ぶ。

ギャンが「伝説」と称される理由のひとつに、
彼の相場理論が壮大で複雑であることが挙げられる。
分析手法には占星術や魔方陣が含まれており、
その著作の表現は「あいまいで、らせんのよう」(ロバート・クラウス)なのだ。
そのためギャンに対する評価は、現在も大きく分かれている。

しかし、著作の難解さに比べ、ギャンのセミナーは非常に分かりやすかったという。
ロバート・クラウスはギャンの最後の弟子であるジョー・ロンディノーネからセミナー資料を入手し、
そのなかに書かれていた解説、さらにわざわざ本人の署名入りで記されていた補足を研究した。
そして、そこから有効だと思われる理論を単純かつ確固たるルールへと具体化し、
実際の検証結果を克明に掲載したのである。
それが本書『ギャン 神秘のスイングトレード』だ。

クラウスは、ギャン理論やフィボナッチ理論の実践的研究だけでなく、
催眠療法で世界中の悩めるトレーダーたちを支援し、トレード界に大きな足跡を残したシステムトレーダーである。
世界的トップトレーダーへのインタビュー集であるベストセラー『新マーケットの魔術師』(ジャック・シュワッガー著、パンローリング刊)にも、
ウィザードの一人として取り上げられた。
2002年に惜しまれつつ他界したが、クラウスの開発したフィボナッチトレーダーをはじめとする多くの売買指標やシステムは、
今も多くのトレーダーたちに愛用され、生き続けている。

本書は「ギャンスイングトレード」の基本戦術と上級戦術について、
また複数時間枠の応用方法にまで言及した珠玉のレポートである。
不必要と思われる部分は極力排除されているため、必ずしもすべての読者が読んで楽しいと感じる本ではない。
しかし、ギャン理論、それを売買手法に具体化したクラウスのアイデア、
またスイングトレードを真剣に研究したいと考える人には、
多くのヒントとヒラメキをもたらすであろう。


内容(「BOOK」データベースより)
マーケットの真理を読む!伝説の相場師による理論をマーケットの魔術師がルール化した珠玉の取引戦略!著者クラウス本人による解説DVD付き!


著者について

■著者紹介
ロバート・クラウス(Robert Krausz)
1936年ハンガリー、ブダペストで生まれる。
幼少期の大半を第二次世界大戦下のゲットーで過ごすものの、ナチスによるユダヤ人強制収容所への連行からは危うく免れた。
終戦後は孤児院を転々とし、南アフリカ共和国の施設で出会ったダイヤ王の養子となる。
第二次中東戦争に参加したのちイギリスへ移住、ドレスデザイナーとして成功を収めるが、
トレードへの関心は強く、渡米して専業のトレーダーとなる。
ギャン理論、フィボナッチ理論を売買ルール化して先物中心のシステムトレードを実践する傍ら、
催眠療法士として多くのトレーダーを援助。
『新マーケットの魔術師』(パンローリング)にウィザードの一人として取り上げられた。
2002 年10月、心臓発作により死去。
著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
クラウス,ロバート
1936年ハンガリー、ブダペストで生まれる。幼少期の大半を第二次世界大戦下のゲットーで過ごすものの、ナチスによるユダヤ人強制収容所への連行からは危うく免れた。終戦後は孤児院を転々とし、南アフリカ共和国の施設で出会ったダイヤ王の養子となる。第二次中東戦争に参加したのちイギリスへ移住、ドレスデザイナーとして成功を収めるが、トレードへの関心は強く、渡米して専業のトレーダーとなる。ギャン理論、フィボナッチ理論を売買ルール化して先物中心のシステムトレードを実践する傍ら、催眠療法士として多くのトレーダーを援助。『新マーケットの魔術師』(パンローリング)にウィザードの一人として取り上げられた。2002年10月、心臓発作により死去

清水 昭男
1983年、南イリノイ大学コミュニケーション学部卒。トウキョウ・フォレックス、タレット・アンド・トウキョウ・インターナショナルを経て、CBOTアジア・パシフィック代表を務める。その後、ブルームバーグ・ニュースのレポーターとして、CATVで相場レポートを担当。現在は、フリーで翻訳・執筆を中心に活動中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)





関連商品を検索⇒スイングトレード ギャン
posted by bookmaster at 10:14 | Comment(0) | スイングトレード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スイングトレード入門―短期トレードを成功に導く最高のテクニック

スイングトレード入門―短期トレードを成功に導く最高のテクニック (ウィザードブックシリーズ)

出版社/著者からの内容紹介
あなたも「完全無欠のスイングトレーダー」になれる! 大衆を出し抜け!
 200以上の豊富なチャートと典型的かつ著者が考案した多くのオリジナルトレード手法が公開されている本書は、短期トレードからギャンブル的要素を完全に排除している画期的な書籍である。冷静な分析とリアルタイムのトレード結果にも裏付けされており、読者を一段階上の短期トレーダーに導き、同時にリスクマネジメント方法を身につけさせてくれ、本書を読んだあとは今日のボラティリティの高いマーケットに自信を持って立ち向かうことができるだろう。 デイトレーダーと長期投資家の間に潜り込み、隠れた利益をつかみ取れ!


内容(「BOOK」データベースより)
本書は、パターンサイクルを武器にして成功に欠かせない競争力を与える。さらに本書によってマーケットの値動きを理解することができれば、読者はお金を奪われる側ではなく、奪う側に回ることができる。猛スピードで動く現代のマーケットや氾濫する迅速な情報は、有望銘柄の発掘を難しいものにしている。大衆の投資知識も深まり、一般的な方法では利益を手にすることが不可能な時代になった。しかし、本書は大衆の一歩先を行くトレード手法を紹介しており、読者に利益の確定方法を教える。


内容(「MARC」データベースより)
スイングトレードに関する体系的な解説書。短期トレードのメンターとして長年活躍した著者が、マーケットやそれを取り巻く環境の変遷、そして自身の実体験を踏まえてまとめる。


出版社からのコメント
本書は、パターンサイクルを武器にして成功に欠かせない競争力を与える。さらに本書によってマーケットの値動きを理解することができれば、読者はお金を奪われる側ではなく、奪う側に回ることができる。猛スピードで動く現代のマーケットや氾濫する迅速な情報は、有望銘柄の発掘を難しいものにしている。大衆の投資知識も深まり、一般的な方法では利益を手にすることが不可能な時代になった。しかし、本書は大衆の一歩先を行くトレード手法を紹介しており、読者に利益の確定方法を教える。 パターンサイクルの習得は楽ではない。簡単で自動的に行えるものでもない。しかし、本書のパターンサイクルをマスターすれば、読者は無限の利益を得ることができるだろう。早速、本書の1ページ目を開けて、新しい、儲かるスイングトレーダーに仲間入りしよう!


著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
ファーレイ,アラン
短期トレードやテクニカル分析の情報サイトとして多くのトレーダーや投資家に人気を博している「ハード・ライト・エッジ」の発行人かつ編集者として知られており、個人トレーダーとしても活躍しながら、短期トレード手法やテクニカル分析の指導を行っている。また、バロンズ、スマートマネー、テックウィーク、アクティブトレーダー、マネーセントラル、ロサンゼルス・タイムズ、オンラインインベスター、そしてザ・ストリート・ドット・コムなどで特集が組まれたことがある

長尾 慎太郎
東京大学工学部原子力工学科卒。日米の銀行、投資顧問会社などを経て、現在はヘッジファンドの運用を行う。クオンツアプローチによるシステムトレードを専門とする

鎌田 伝
Trading Markets.comのラリー・コナーズから手法を学び、現在カリフォルニア在住のスイングトレーダー。同時に個人投資家にトレードを教えている

高本 義治
北九州大学外国語学部卒業。情報サービス会社ゼネックスで為替・貴金属アナリストを務めた後、1991年に日英翻訳者として日経国際ニュースセンター入社。1994年にメリルリンチ証券入社、調査部翻訳チーム・マネジャー。2002年にメリルリンチ退社後、フリーランスとして翻訳に携わる。2004年1 月に英国に移住。現在はNomura Internal plcの債券部門リサーチで翻訳に従事

二宮 正典
国際基督教大学卒業。和光証券(現新光証券)、グローバルインシュアランスにて国際金融業務に従事。現在ハンテック・セキュリティーズ・アンド・フューチャーズ(香港)にてヘッジファンドに分散投資を行うファンド・オブ・ファンズの運用に従事(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)



関連商品を検索⇒スイングトレード
posted by bookmaster at 10:10 | Comment(0) | スイングトレード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

上げ相場でがっちり儲ける株・スイングトレード

上げ相場でがっちり儲ける株・スイングトレード (アスカビジネス)

内容(「BOOK」データベースより)
デイトレでチマチマ稼ぐよりもスイングで値幅をより多く狙う局面が巡ってきた。上げ相場は「押し目で買って吹き値で売る」、絶好のスイングトレードの局面。


著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
石井 勝利
経済評論家。早稲田大学政経学部卒業後、新聞記者生活を経て独立。金融・経済ジャーナリストとして活躍。とくに株式投資・不動産投資に対しては、個人投資家の立場に立ったアドバイスに定評がある。石井経済研究所代表。現在、毎日新聞のコラムにて「住宅ローン・アドバイス」を長期連載中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)



関連商品を検索⇒ スイングトレード
posted by bookmaster at 10:08 | Comment(0) | スイングトレード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。