2010年07月07日

オプション売買の実践 (パンローリング相場読本シリーズ)

オプション売買の実践 (パンローリング相場読本シリーズ)

Amazon.co.jp
投資やトレーディングの対象商品として、日本市場に上場されているオプションには、株価指数では日経平均(日経225)、TOPIX、日経300、金利では日本国債(JGB)、ユーロ円、商品では大豆、とうもろこし、粗糖などがある。

本書は、プロのトレーダーである著者自身が、実際に実行して、かつ成果をあげたプロの手法を紹介しているオプション売買の実践書である。著者の言葉を借りるならば「株式や先物にない優位性をもつオプションを用いれば、『勝算の高い』ポジションを組むことができ、『頑張らずに利益を出せる』可能性を高めることができる」ということである。

それを証明するかのように、本書には、オプションの購入、スプレッド、売り、NOPSといった実戦的なプロのトレーダーの手法や技法についての詳細な解説が見られる。オプションの売買戦略は、売買の組み合わせを含めれば無数に存在しているが、著者が取り上げた売買手法や売買戦略は、いずれも個人投資家やトレーダーが実行可能で、やさしく、かつ成果を出しやすいものばかりである。この点において、これからオプション売買をやろうと考えている人にも、すでに実践している人にも、トレーディングの実践ノウハウが紹介されている参考書としておすすめできる。

全部で3部から構成されており、 Part1「オプション売買の実践」では、オプション売買に適した市場から、オプション売買の実例、NOPS、保守的売買、株式オプション、株価指数オプションの売買戦略について述べ、Part2「株式オプションで資産を築く方法」では、オプション売買の長期戦略であるLEAPSとその実践を示し、 Part3「日経225オプション売買の実践」では、日経225オプションの買い戦略と売り戦略についてまとめている。特に最後の「日経225オプション売買の実践」は、わが国の個人投資家が参加できる数少ないオプション売買市場である「日経225オプション」について触れており、興味深い。(増渕正明)
出版社/著者からの内容紹介
本書を大幅に改訂した『最新版オプション売買実践』が絶賛発売中です。もちろん収録データは最新のものを使用し、より現実味のあるトレード方法を公開しています。


内容(「BOOK」データベースより)
「頑張らずに利益」を出せるオプション戦略が身につく!本書は、決して机上の理論ではない!著者が実際に行い、成果をあげたプロの手法である。


内容(「MARC」データベースより)
無数に存在するオプション売買戦略の中から、個人投資家やトレーダーが実行可能で、やさしくかつ成果を出しやすいものばかりを集め、その実例を提示。著者が実際に行ない、成果をあげたプロの手法を紹介する。


著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
増田 丞美
1985年に米国コロンビア大学(Columbia University)大学院を卒業後、野村証券(東京、ロンドン)、モルガンスタンレー投資銀行(ロンドン)を経て、海外ヘッジファンド・グループにて、オプションなどのデリバティブ・ポートフォリオの運用に携わる。現在、日本ユニコム(株)投資商品事業部および、同社米国現地法人AURA,INC. (投資顧問会社)にて、商品開発、組成・運用・管理業務に従事。著者本人の最初のオプション取引経験は、1988年、当時の勤務地のロンドンから CBOE(シカゴオプション取引所)のOEX(S&P100)オプションを売買した頃に遡る。現在、妻、ロンドン生まれの愛娘の3人で横浜市在住 (本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)




関連商品を検索⇒オプション
posted by bookmaster at 05:25 | Comment(0) | オプション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。