2010年07月07日

竹本流サヤ取り――激動する商品市場で低リスクのスプレッド取引 (現代の錬金術師シリーズ)

竹本流サヤ取り――激動する商品市場で低リスクのスプレッド取引 (現代の錬金術師シリーズ)

内容紹介

実践から学んだサヤ取りのノウハウを豊富な実例で詳述

「商品(コモディティ)投資」と聞くと「値動きが激しい」「ハイリスク・ハイリターンで怖い」というイメージを持つ人が多いかもしれない。

しかし、その商品市場を「メシの種」にしている著者からすれば「日本の商品先物ほど、サヤ取りに有利な市場はない」という。
そして衰退する日本の商品業界の現状を嘆き、その復活を願って著者のノウハウすべてを公開したのが本書『竹本流サヤ取り』である。

「サヤ取り」とは、似たような値動きをする2者の一方を買い、もう一方を売ることで「両者の価格差(サヤ、鞘)の変化を利用する」投資法。
本書で詳しく説明されているように、価格差に注目するので「相場自体の急騰・急落に左右されにくい」という利点がある。

では、いったい「どの」価格差に「どのように」注目して「どのような」売買を実践したらよいのか?

本書の目的は、その勘どころを紹介することにある。
前半では大きく、サヤ取りの原理と魅力について説明したうえで、分析に最低限必要な道具の作り方、その利用方法について解説。
また商品先物にあまりなじみのない読者向けに、最低限知っておいてほしいことをコラムにした。

そして本書後半では細かく、実践にあたっての注意点を強調したうえで、これまで著者が実際に経験した売買例を掲載。
「なぜ仕掛け、なぜ決済したのか」――。
各例に記載されている具体的な理由は、サヤ取りのノウハウを確認するのに役立つだろう。

なぜ、ここまで公開してしまうのか。最後に著者はこう語る。
「本書が仮に多くの方に知れわたったとしても、それによって、私を含め、サヤ取りをすでに実践されている方々が突然不利になるとは全く考えていません。
逆にサヤ取り人口が増えれば、商品先物業界の信用蓄積、私たち投資家やトレーダーたちの信用増加、流動性の増加など、メリットのほうがずっと多いと確信しています」


内容(「BOOK」データベースより)
「サヤ取り」とは、似たような値動きをする2者の一方を買い、もう一方を売ることで「両者の価格差(サヤ、鞘)の変化を利用する」投資法。価格差に注目するので「相場自体の急騰・急落に左右されにくい」という利点がある。では、いったい「どの」価格差に「どのように」注目して「どのような」売買を実践したらよいのか?本書の目的は、その勘どころを紹介することにある。前半では大きく、サヤ取りの原理と魅力について説明したうえで、分析に最低限必要な道具の作り方、その利用方法について解説。また商品先物にあまりなじみのない読者向けに、最低限知っておいてほしいことをコラムにした。そして本書後半では細かく、実践にあたっての注意点を強調したうえで、これまで著者が実際に経験した売買例を掲載。


著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
竹本 淳一
商品取引員の営業を経て、2005年に「鞘取り勉強・実践会」を設立。サヤ取りに特化したトレードを自己資金で実践する傍ら、長時間に及ぶ個人・少人数の勉強会を継続的に開催する。株式会社オーバルネクストと提携してサヤ取りレポートを毎日発信。業界紙『投資日報』に「鞘取りの極意」を連載中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)




関連商品を検索⇒コモディティ 商品先物
posted by bookmaster at 04:32 | Comment(0) | コモディティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

個人投資家のための原油取引入門 (パンローリング相場読本シリーズ)

個人投資家のための原油取引入門 (パンローリング相場読本シリーズ)

Amazon.co.jp
金融資産保全のための「原油先物取引」に関心を持つ個人投資家を主な対象とした原油取引の入門書である。著者は、原油および石油製品の現物取引、デリバティブ(原油先物およびオプション)のディーリングに携わるプロ。

内容は、原油先物市場とはどんな世界なのか、どう取り組めばよいのかという課題に対し、トレーダーの立場から、世界の原油とエネルギー事情、価格のしくみについて記したPART1「基礎知識編」、原油先物市場の分析やトレード戦略の仕掛け方を示したPART2「トレード実践編」、一般投資家の債権保全や原油先物市場の安定性について述べたPART3「リスク解説編」の3 部に分かれており、100問100答のQ&A形式で解説している。

本書が書かれた背景には、2001年9月10日の東京工業品取引所(東工取=TOCOM)への「原油先物取引」の上場がある。原油先物市場は、金利先物、株価指数先物、為替先物などと並ぶ、大型金融派生商品であり、とりわけ原油は値動きの荒さで群を抜くハイリスク商品である。しかし、それは同時に、自己責任でこの市場に挑戦してみようという投資家にとっては、ハイリターンの果実を得る機会が誕生したことを意味する。著者は、長年の経験とノウハウをもとに、この市場に関連する数々の情報と実際に利益を獲得するための7つの原油トレード戦略を具体的に明らかにする。本書は、原油先物取引に興味を持つ個人投資家にとって格好の入門書となるだろう。(増渕正明)


出版社/著者からの内容紹介
21世紀最初のモンスター商品「原油」がついに上場!すでに上場されているガソリン、石油は、上場後わずか2年で、世界一の取引高をほこるほどになった。そして、それを上回る期待をされる原油がついに上場する。この原油取引について、いちばん早く、一番よくわかる本が本書なのである。原油取引で勝つための一般的常識から分析方法、売買テクニックなどを100問100答方式でわかりやすくまとめてある。原油を取引しようとする人は必読である。


内容(「BOOK」データベースより)
いちばん早く、いちばんよくわかる!これが原油先物取引の必読書だ!21世紀最初のモンスター商品原油先物が上場!100問100答でわかるしくみと分析ノウハウ。


内容(「MARC」データベースより)
21世紀最初のモンスター商品、原油先物市場が上場! 原油トレーダーがその仕組みのすべてを100問100答で明らかにする。原油取引戦略の実例を満載した投資家必読の書。


著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
渡辺 勝方
1982年、東京大学経済学部を卒業後、(株)トーメン原油部、エネルギー市場部、石油製品部にて、原油および石油製品の現物取引、デリバティブ取引に携わる。うち1986~1990年まで米国トーメン社ニューヨークにてNYMEX(ニューヨーク商業取引所)のデリバティブ(原油先物およびオプション)のディーリングを専任。以来、通算取引経験19年。現在は、日本ユニコム株式会社・調査部長として、商品市況分析、取引プログラム開発、および石油先物ディーリングに従事する(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


posted by bookmaster at 04:30 | Comment(0) | コモディティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

賢者の商品先物トレード (現代の錬金術師シリーズ)

賢者の商品先物トレード (現代の錬金術師シリーズ)

内容紹介
株式よりも断然面白い
高効率の運用手法!


内容(「BOOK」データベースより)
本書では、商品先物の魅力を紹介したうえで、市場を構成する参加者とその習性、相場巧者の足跡をめぐるための罫線の見方について紹介していく。


著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
塩坂 洋一
プロ個人投機家。ラリー・ウィリアムズなどを世に出したリアルマネー選手権「ロビンスカップ」の日本版オンライン商品先物競技会に「Mystery Tiger」のハンドルネームで参加。第1回大会は297%(4位)、第2回大会は30%(8位)の運用成績で上位に入り、第3回大会では499.84% で優勝を収めた。トレードの傍ら、業界紙への寄稿やラジオのコメンテーターとして活躍。日本テクニカルアナリスト協会検定会員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


posted by bookmaster at 03:14 | Comment(0) | コモディティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。