2014年02月15日

岡安盛男のFXで稼ぐ47の法則-なかなか勝てない人のための急所ガイド

岡安盛男のFXで稼ぐ47の法則-なかなか勝てない人のための急所ガイド

内容紹介
なぜ勝てないのか?なにが間違っているのか?外為の30余年の経験から培った著者選りすぐりのトレード戦略を一冊に凝縮。

実践的な知恵&テクニックが満載!!
なかなか勝てない人のための急所お助け本!
元外銀の凄腕為替ディーラーが長年の経験から選りすぐった知恵&トレード戦略を一冊に凝縮。

自分はもうけっこう長くFXをやっているのになかなか儲けられないという方は、どこが悪いのか、ご自分の普段の取引方法を点検する必要があります。

例えば負けるパターンで一番多いのが、ロスカットや利食いで一度決めたルールを守れない、損失を怖がりすぎて損切りばかりが先につく、中途半端なタイミングでポジションを持ってしまう、といった初歩的なミスです。また、儲からないからと多くのテクニカル分析を中途半端に次々乗り換えたり、間違った使い方をしているのかもしれません。基本に忠実にこれらのミスを改善するだけで、成績は上向いてくるはずです。
しかし、何が起こるかわからない為替相場でコンスタントに稼いでいくためには、それだけではまだ足りません。相場に起こる現象をうまく利用するテクニックや、一歩踏み込んだコツというものが必要です。

例えば、トレンドやレンジの基本的な攻め方を理解した上で、実需や投機筋が入る時の特徴、オーバーシュート、急落、指標の織り込み、為替介入といったよくある現象の起こり方と対処法を知っておけば、儲けの途につながります。

また、大きく稼ぐには年に2、3回は必ずやってくる大きなチャンスを逃してはだめです。それにはただ漠然と待っているのではなく、ファンダメンタルズ分析によって相場の大きな流れを捉え、確率の高い場面でじっくりと注目することです。
更に、儲けるためにはドル円など同じ通貨ペアばかりでなく、その時々の相場を見て儲けやすい状況にあるペアを狙うことも必要です。

そこで、本書では、これらの稼ぐために必要な基本的なことから実践的な知恵とテクニックまでを、47の法則に見立てて集めわかりやすく解説しました。
少数精鋭のテクニカル分析の実践的使い方、苦手な人の多いファンダメンタルズ分析の考え方と勘どころもコンパクトにまとめています。
さらに応用編として、ユーロ円、ポンド円、豪ドル円などクロス円取引に必要な3つの通貨ペアの動きを同時に見て相場の主役になっている通貨を知る方法や、ユーロドル、ポンドドル、豪ドルドル、ドルスイスといった外貨同士のペアの特徴と攻め方なども詳しくわかります。

いまユーロ圏の財政危機問題等で市場は不安定な状態が続いていますが、このような時こそFXの稼ぎ時です。





posted by bookmaster at 02:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 入門書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月18日

最強のFX理論を君たちに教えたい

最強の「FX理論」を君たちに教えたい

【内容紹介】
元先物取引会社の営業マンとして、相場の世界にどっぷり浸かり、大物相場師たちに師事し、3000万円の借金を背負い、
一目均衡表に出会い・・・・・・。「もぐらトレード」「東京時間足」「半値理論」。一風変わったトレード理論を確立し、
株・先物・FXで3億円もの資産を築き上げたトレーダー・アンディ氏のすべてが一冊に。

第1章 アンディを育てた大物相場師たち
吉原軍団率いる"マムシの本忠"/3000万円の借金/相場師たちの気概 etc.

第2章 アンディ流「一目均衡表」
FXとカジノ/一目均衡表のすべては「半値」でできている/相場の節目となる「先行スパン2」 etc.

第3章 もぐらトレード基礎編
落ちるナイフと飛び乗り/マルチタイムチャート/5分足と1時間足の雲 etc.

第4章 もぐらトレード実践編
先行スパン2でエリオット波動をカウント/雲が知らせる急変シグナル/先行スパン2とフィボナッチが未来の値動きを明らかに etc.

第5章 東京時間足
トレード時間の法則/N字型の再ブレイクを狙う/東京時間半値パズル etc.

第6章 アンディの鉄板パターン集
先行スパン2タッチの追撃買い・売り/先行スパン2と東京半値/遅行スパンのローソク&先行スパン2ごぼう抜き etc.

第7章 もぐら応用術~チーム・アンディの挑戦~
3つの雲とボリンジャーバンド&SMAの合わせ技/雲のサポートorレジスタンスから3波が始まる/モメンタムともぐらトレード etc.

第8章 袋とじ特典「アンディ・オリジナルMT4用インジケーター」
マルチタイム遅行線の使い方/オリジナル・インジケーター入手法

【著者略歴】 (「BOOK著者紹介情報」より)
アンディ
金融系のシステム会社で働いたのち、先物会社の営業マンに転職。「マムシの本忠」を顧客に持つ上司の下で働き、自らも相場に没頭。一時3000万円の借金を抱えたが、相場で取り返し、独立して専業トレーダーに。現在は株、先物、FX、CFDなどで3億円以上の資産を運用中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)



posted by bookmaster at 23:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 入門書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月28日

仕掛けから、利乗せ、ナンピン、手仕舞いまで FX プロの定石

仕掛けから、利乗せ、ナンピン、手仕舞いまで FX プロの定石
内容紹介
◎伝説の為替ディーラー・若林栄四も認める本物のプロ

東京銀行時代に伝説の為替ディーラー・若林栄四氏の下で鍛えられ、
カスタマーディーラー、ポジションテイカー、ストラテジストとして外銀の為替部長など要職を歴任してきた本物のプロである著者が、
自らが日常使っているスイングトレードのテクニックをわかりやすく体系的にまとめた初めての本です。

◎プロの為替トレードの真骨頂はポジション操作

エントリーの方法だけではなく、ポジション操作(利乗せとナンピン)を有効に使って損小利大を実現し、利益を残していくのがプロ。
本書ではこれまでほとんど明かされることがなかった、その考え方とノウハウを解説します。

◎プロだけが知っている実践的TIPS(秘訣、裏ワザ)も公開

応用編としてプロだけが知っている「シドニー市場のギャップを活用して儲ける法」「ドル/円相場の値動きのクセ」「時間足のマドは埋められるという経験則」など、
即役立つTIPSも多数紹介。繰り返し読んで身に付けることで為替トレードの技術が確実に一段上達する基本書の決定版です。
内容(「BOOK」データベースより)
東京銀行時代に伝説の為替ディーラー・若林栄四氏の下で鍛えられ、外銀の為替部長など要職を歴任してきた本物のプロである著者が、自らが日常使っているスイングトレードのテクニックをわかりやすく体系的にまとめた初めての本。エントリーの方法だけではなく、ポジション操作(利乗せとナンピン)を有効に使って損小利大を実現し、利益を残していくのがプロ。本書では、これまではほとんど明かされることがなかった、その考え方とノウハウを解説。応用編としてプロだけが知っている「シドニー市場で毎朝サクッと儲ける法」「ドル/円相場の値動きのクセ」「マドは埋まるという経験則」など、即役立つTIPSも多数紹介。為替トレードの技術が確実に一段上達する“基本書”。
著者について
川合美智子(かわい みちこ)
東京銀行(現三菱東京UFJ銀行)在勤の1980年より、伝説の為替ディーラーといわれる若林栄四氏の下で罫線分析を研究、習熟する。
同行でカスタマーディーラーとして活躍した後、1989年より在日外銀でカスタマーディーラー、外国為替ストラテジスト、資金為替部長等を歴任。
罫線分析を基にした為替相場予測と実践的な売買技術には定評がある。
現在、株式会社ワカバヤシエフエックスアソシエイツの代表取締役兼外国為替ストラテジストとして為替相場レポートを発信するほか、日経CNBC「デリバティブマーケット」にも定期的に出演中。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
川合美智子
東京銀行(現三菱東京UFJ銀行)在勤の1980年より、伝説の為替ディーラーといわれる若林栄四氏の下で罫線分析を研究、習熟する。同行でカスタマー・ディーラーとして活躍した後、1989年より在日外銀でカスタマー・ディーラー、外国為替ストラテジスト、資金為替部長等を歴任。罫線分析を基にした為替相場予測と実践的な売買技術には定評がある。現在、(株)ワカバヤシエフエックスアソシエイツの代表取締役兼外国為替ストラテジストとして為替相場レポートを発信する(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)



関連商品を検索⇒FX ナンピン 手仕舞い 川合美智子
posted by bookmaster at 00:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 入門書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。