2011年04月13日

目からウロコの外国為替 チャート編

目からウロコの外国為替 チャート編

テクニカル分析とは
株式相場であれ外国為替相場であれ、価格は対象となる株式や通貨における需要と供給の関係や、需給を左右する経済情勢・金利の動向などのファンダメンタルズ(基礎的な諸条件)を反映します。よって、相場の先行きを見通すうえでは、まずこうしたファンダメンタルズを分析する必要がありますが、相場は市場に参加している人たちの欲望や不安といった心理面に左右される面も大きく、ときにはファンダメンタルズの分析だけでは説明がつかない状況も起こります。

このため、相場の流れ、傾向、人気などを読み取るための様々なテクニカル分析(チャート分析)手法が考案され、幅広く勝つようされています。テクニカル分析を大まかに定義づけると価格・取引のボリューム・時間から相場を分析し、予測することで、ファンダメンタルズ分析とは一線を隔したもの、あるいはファンダメンタルズが与える影響も包括した分析方法とも言えるでしょう。(本文より)

目次
第1章 テクニカル分析とは
第2章 ローソク足
第3章 トレンド
第4章 持ち合い圏の見方
第5章 天底のパターン
第6章 出来高
第7章 移動平均線
第8章 RSI
第9章 ストキャスティクス
第10章 RCI
第11章 パラボリック
第12章 カギ足
第13章 新値足
第14章 平均コマ足
第15章 ボリンジャーバンド
第16章 一目均衡表
第17章 MACD
第18章 ポイント&フィギュア
第19章 フィボナッチ
第20章 %R
第21章 ディレクショナル・ムーブメント
第22章 エリオット波動
第23章 サイクル
付録 通貨の歴史

目からウロコの外国為替 チャート編





posted by bookmaster at 00:00 | 入門書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月09日

これからパンローリングの投資本を読む人へ

これからパンローリングの投資本を読む人へ (PanRolling Library)

内容紹介
幸せな人生を送るための投資に対するアプローチ!

スポーツ選手は、本番の試合で結果を残すため、何度も何度も繰り返し練習をして、自分の個性に合わせたプレースタイルを築いている。同じように、投資家が長期的に勝ち残るためには、まず自分自身で実践的に勉強を積み重ねて「自分だけの投資スタイル」を築いていく必要がある。

他人に「答え」を求めてばかりでは、けっして長続きしない。自分だけの投資スタイルを、自力で探っていかなければならないのだ。

そのための「筋道」を提案しようというのが、本書のテーマである。

本書では、まず「投資に対する思考と姿勢」について論じる。勝ち残っている投資家にみられる共通点は「やり方(手法)」ではない。「考え方」だ。そして “残念な”投資家にみられる共通点も「やり方」ではない。「考え方」である。

相場というものは、少なくとも、この両者の思考法の違いを知っていなければ、最終的に損をするようにできている。成功者にとっては、あまりにも当たり前すぎることを、多くの初心者は気づくことさえなく、そのまま失敗に終わっているのだ。

この基本的思考と姿勢について踏まえながら、本書では、著者がこれまでさまざまな本を読み、経験を重ね、自分なりに解釈してきたことを具体的に紹介する。

筆者は、本格的な投資を始めるにあたって、5年の「修行期間」を提案している。それだけ腰をすえて勉強しなければ、長期間の資産運用を維持するだけの “屋台骨”ができないというわけだ。

修行期間中は、けっして一攫千金を狙うのではなく、投資額は保守的に、しかし実践は積極的に繰り返し、問題意識を持ちながら「自分なりの投資の中核」を養成することに集中する。そして、この中核を屋台骨として育てることで、それを補完する投資方針も生まれ、それが「ポートフォリオ」へと進化していくのである。

ポートフォリオとは、さまざまな金融商品の組み合わせで、安定的に資産運用をしようという方法だ。

最終章では、自分なりの人生観や人生計画(ライフプラン)から、大局的にどのように「自分のポートフォリオ」を成長させていくかについて言及する。

本書を「知ってさえいれば免れることができた」という次元での失敗を回避し、自分だけの投資スタイルを築き上げるための指針として、そしてさらに「高いレベルで投資に挑戦する」土台として役立ててほしい。


内容(「BOOK」データベースより)
勝ち残っている投資家にみられる共通点は「やり手(手法)」ではない。「考え方」だ。そして“残念な”投資家にみられる共通点も「やり方」ではない。「考え方」である。相場というものは、少なくとも、この両者の思考法の違いを知っていなければ、最終的に損をするようにできているのだ。幸せな人生を送るための投資に対するアプローチ。


著者について
兵庫県明石市出身。CFP(R) 1級ファイナンシャル・プランニング技能士。大学卒業後、生命保険会社、証券会社、投資関連専門出版社等を経て独立。資格の学校や大学でFP養成講座の講師業を務めるかたわら、自分で保険を選ぶための来店型保険相談所、Solook Design(ソルックデザイン)を芦屋市で運営。また、藤の棚投資顧問(向井俊晴代表)で「一般個人向けプログラム売買情報」を担当している。


著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
塩見 努
兵庫県明石市出身。CFP1級ファイナンシャル・プランニング技能士。大学卒業後、生命保険会社、証券会社、投資関連専門出版社等を経て独立。資格の学校や大学でFP養成講座の講師業を務めるかたわら、自分で保険を選ぶための来店型保険相談所、Solook Design(ソルックデザイン)を芦屋市で運営。また、藤の棚投資顧問(向井俊晴代表)で「一般個人向けプログラム売買情報」を担当している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)




関連商品を検索⇒パンローリング 投資本
posted by bookmaster at 22:17 | Comment(0) | 入門書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月22日

一番売れてる投資の雑誌ザイが作った 10万円から始めるFX超入門―初心者は1000通貨で安心スタート

一番売れてる投資の雑誌ザイが作った 10万円から始めるFX超入門―初心者は1000通貨で安心スタート

内容紹介
株にミニ株があるように、FXもミニで始めよう! 初心者がいきなり1万ドルのトレードでFXデビューするなんて言語道断。1000通貨トレードで始めて、ちゃんとスキルを身につけよう。“超・堅実”だけど、これが勝てる投資家への近道だ!マネックス証券CEOの松本大や、

内容(「BOOK」データベースより)
マンガとわかりやすい図解で今すぐできる超実践的なトレード手法を解説。勝ってる先輩トレーダーたちも、ゾロゾロ登場。投資手法や具体的なアドバイスもバッチリ公開しています。



関連商品を検索⇒FX
posted by bookmaster at 00:04 | Comment(0) | 入門書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。