2018年02月28日

儲かる! 相場の教科書 移動平均線 究極の読み方・使い方 (儲かる!相場の教科書)

儲かる! 相場の教科書 移動平均線 究極の読み方・使い方

内容紹介

☆“伝説の外務員"といわれた超人気トレーナーが教える

著者はインターネットの黎明期から投資教育で活躍している「小次郎講師」。
近年も株式情報サイト「みんなの株式」のコラムアワード大賞(2013、2014)や、
著書『小次郎講師流 真・トレーダーズバイブル』(パンローリング)がブル・ベア大賞(2016)に選ばれるなど、
わかりやすくて実践的な教え方で絶大な人気を持っています。

☆独自ノウハウの「移動平均線大循環分析」と「大循環MACD」を体系的に解説

株式投資やFX投資などで移動平均線は最も基本となるテクニカル指標だが、
通常の使い方では当たるときもあれば外れるときもあり、実際の相場でそのまま活用できるものではありません。
本書では著者が移動平均線について長年研究を重ね、独自の使い方を体系化した「移動平均大循環分析」と、
その応用編である「大循環MACD」のノウハウについて、初めて体系的に解説します。

☆「無料プラクティス動画」、LINE@特典「小次郎講師の仕掛けの極意書」など読者特典付き

本書の読者には、著者のサイトにアクセスすることによって、「無料プラクティス動画」、LINE@特典「小次郎講師の仕掛けの極意書」などの読者特典を受け取ることができます。
これらの特典を使うことにより、初心者から中上級者まで、より実践的なノウハウを自然に会得することができます!
内容(「BOOK」データベースより)

“世紀の教え魔”といわれる著者が投資歴38年のなかで導き出した答えを大公開!
著者について

小次郎講師(こじろうこうし)
本名・手塚宏二 1954年生まれ。早稲田大学政経学部中退。金融会社からIT会社へ転身し、チャートソフトの開発や投資家教育に取り組む。2015年に独立。
タートルズのトレード手法をベースとした小次郎講師流の手法で、これまでに教えた2000人を超える門下生からは専業トレーダーも多数輩出。
ラジオNIKKEI「小次郎講師のトレードラジオ講座」にレギュラー出演するほか、「マーケット・トレンド」「夜トレ」「キラメキの発想」などでも活躍中。
著書に『真・トレーダーズバイブル』(パンローリング社)、『稼げるチャート分析の授業』(総合法令出版)、『ZAiが作った商品先物取引入門』(ダイヤモンド社)などがある。
著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

小次郎講師
1954年生まれ。早稲田大学政経学部中退。金融会社からIT会社へ転身し、チャートソフトの開発や投資家教育に取り組む。2015年に独立(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)




posted by bookmaster at 23:48 | Comment(0) | テクニカル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月20日

基本にして最強 GMMA+RSI 二刀流FX

基本にして最強 GMMA+RSI 二刀流FX

内容紹介
・RSIは買われすぎ・売られすぎを見極めるテクニカルでなく、トレンドの“勢い"を示すテクニカル
・RSIが「70以上は売り」「30以下は買い」でなく、「50以上は買い場」「50以下は売り場」
・RSIの変動レンジの上限・下限ブレイクは、売買サインになる
・RSIとローソク足の逆行現象である「ダイバージェンス」はトレンド転換のシグナルではなく、トレンド強化のシグナルとなるケースも多い
・RSIとローソク足の「リバーサル」は明確な「トレンド強化」のシグナル
・“RSIのトレンドライン"をブレイクしたときはエントリーチャンス
・RSIにボリンジャーバンドを表示させるとエントリーチャンスが明確に
・値動きとRSIの逆行現象の1つ“リバーサル"で目標価格が明確に

トレーダーにとって最もポピュラーなテクニカル指標である「RSI」。だが、実はほとんどのトレーダーが間違った使い方をしていた!?

ラジオNIKKEIの人気アナリストとしてお馴染みの陳満咲杜氏が「間違いだらけのトレード術」を正す、最新刊が登場。
陳氏が日本に広めたトレンド系テクニカルの王様「GMMA」の基本的な使い方に始まり、RSIをベースにした新理論について解説。
トレンドが一目でわかるGMMAとトレンドの“勢い"を示すRSIという2つのテクニカルを活用した“二刀流FX"の真髄が初めて明らかに。

<目次>
はじめに
序章 二刀流で読み解ける歴史的転換点
サイクル論で見る2011年までの円高/2011年10月31日、なぜ日銀の介入が効いたのか?/アベノミクスはスピード加速のきっかけにすぎなかった
/GMMA&RSIで見るトレンド大転換

第1章 二刀流FXの極意
FXトレードにおける“二刀流"とは?/テクニカルの2大手法~トレンド系とオシレーター系~/トレンド系指標の最強ツールはGMMA/GMMAの真実
/トレンド系指標の弱点と二刀流のススメ

第2章 オシレーター系指標の真実
間違いだらけのオシレーター系指標/“逆張り"オシレーター系指標の限界/オシレーター系指標の王様・RSI/オシレーター系指標の真実

第3章 RSIの真実
RSIの基本/RSIのニューコンセプト1「50の分水嶺」/RSIのニューコンセプト2「変動レンジ分析」/RSIのニューコンセプト3「フォーメーション分析」

第4章 誰も教えてくれなかったRSI
誤解されているダイバージェンス/誰も教えてくれなかったリバーサル/リバーサルとGMMAで見る大転換/リバーサルによるターゲット・カウント

第5章 RSIの派生型
長短RSIシグナル1「クロスとGMMA」/長短RSIシグナル2「ダマシとリバーサル」/RSIのボリンジャー1「±2σタッチとGMMA」/RSIのボリンジャー2「±2σ連続タッチのシグナル」

第6章 誰も教えてくれなかったRSIの小技
RSIトレンドラインの活用/RSIのM字型トップとW字型ボトム/ダイバージェンスの真贋を見極める

第7章 トレーダーへのメッセージ
おわりに/GMMA+RSIの設定方法

内容(「BOOK」データベースより)
×RSIは売られすぎ・買われすぎを見るためのテクニカル指標→○RSIは相場の勢いを見る“トレンド系テクニカル”でもある。×トレンドラインはローソク足チャートに引くもの→○RSIにもトレンドラインを引いて、ブレイクを見極めるべし!×ダイバージェンス(逆行現象)は相場の転換点を示唆する→○トレンドを加速させる場合もあるため、GMMAと合わせてチェック!など、日本人が誤って使っていたテクニカルの真実が明らかに!

著者について
(株)陳アソシエイツ代表取締役。1992年に来日。大学時代より株式投資を開始。
中国情報専門紙の株式担当記者を経て、黎明期のFX業界へ進出。海外金融機関でトレーダーとしての経験を積んだ後、GCAエフエックスバンク マネージングディレクター、イーストヒルジャパン チーフアナリストを経て、独立。「ブルベアFX通信」の執筆のほか、現在、ラジオNIKKEで毎週月曜日21:30~22:00まで相場の解説を担当している。日本テクニカルアナリスト協会検定アナリスト。
『FXトレーディングの真実』『FX最強チャートGMMAの真実』(扶桑社)、『FX投資のすべてがマンガでわかる!
ザイが作ったマンガ「FX」入門』(ダイヤモンド社)など著書多数

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
陳満咲杜
(株)陳アソシエイツ代表取締役。1992年に来日し、生活費と学費をアルバイトでまかないながら、大学時代より株式投資を開始。中国情報専門紙の株式担当記者を経て、黎明期のFX業界へ進出。海外金融機関でトレーダーとしての経験を積んだ後、GCAエフエックスバンクマネージングディレクター、イーストヒルジャパンチーフアナリストを経て、独立。日本テクニカルアナリスト協会検定アナリスト(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)



関連商品を検索⇒陳 満咲杜 RSI GMMA
posted by bookmaster at 12:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | テクニカル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月09日

FXチャート分析 マスターブック FX プライスアクション 成功の真実

FXチャート分析 マスターブック FX プライスアクション 成功の真実 (FXチャート分析マスターブック)
内容紹介
日本ではほとんど紹介されていない「プライスアクション」は、
ローソク足形状や組み合わせからトレンドの状況や勢いを把握するツール。
「相場のことは相場に聞け」という投資格言の端的な意味は、「値動きのことは値動き聞け」である。
そのためどんな指標を使うにせよ、プライスアクションを理解していれば、
リアルな値動きに即応した正確で高確率の売買判断を下すことができるのである。

本書ではラジオNIKKEIのコメンテーターとしておなじみの著者が、プライス・アクションの
効果的なトレード方法と移動平均線やGMMAなどとの組み合わせチャートパターンを紹介する。

第1章 特別対談 陳満咲杜×内田まさみ テクニカル分析こそFXのすべて
安易なファンダメンタルズ分析は命取り
初心者が「逆張り」では勝てないわけとは
損失2%ルールを厳守しよう
初心者はまずGMMAでテクニカルの基本をマスター
ドルインデックスに注目せよ

第2章 誰も教えてくれなかった「プライス・アクション」
欧米投資家が使う「プライスアクション」とは何か?
「プライスアクション」の基本になるのは日足チャート
上昇や下降の勢いを見る「スラスト」
上昇トレンドでは「スラストアップデイ」が連続して出現する
トレンド継続の明確さや値動きの強さを示す「ランウェイ」
プライスアクションの最大の目標は「トレンドの継続や変化」を知ること
天井圏・大底圏でのトレンド転換を示す「スパイク」 ほか

第3章 パターン&フォーメーションの真実
値動きの形から未来を予測する「パターン&フォーメーション」
「リバーサル」「コンティニュエーション」それぞれの売買戦略
週足チャートのパターン&フォーメーションは信頼度が高い
2度のショートチャンスがあった「ヘッド&ショルダーズ」の典型例
「リバーサルパターン」の完成は非常に明瞭で誰の目にも明らか
パターン&フォーメーションで「目標値幅」を算出する方法 ほか

第4章 移動平均線の真実
単純、加重、指数平滑移動平均線のコンセプトと計算方法
3つの移動平均線の特徴と長所・短所とは?
移動平均線の本質は「投資家の平均取引コスト」である
移動平均線を使ったトレンド判断と売買戦略
移動平均線を使ったグランビルの法則とFXの売買戦略 ほか

第5章 トレンドフォローの王様・GMMAを使った実践売買戦略
GMMAは実践で最も威力を発揮するトレンド系指標の王様である
相場の2大プレイヤーは鰯(イワシ)と鯨(クジラ)
「鯨」が示すトレンドに対する「鰯」の反応で売買ポイントを見つける
長期組の傾きや束の序列・拡散・収縮でトレンドの方向性と強さを判断 ほか

特別付録 デモ口座開設方法、チャート設定方法
内容(「BOOK」データベースより)
ローソク足のパターンに隠れた値動きの兆候をズバリ読み解く法則を公開!欧米投資家が好んで使うシンプルかつ最強の分析法。




posted by bookmaster at 14:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | テクニカル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。